資産運用

米国ETFとインデックスファンド〜長期投資におすすめなのは?

スポンサーリンク

こんにちは、ジョブママです。

投資をして資産運用している方達は皆さん少なからず、『投資を始めたきっかけ』『目指している目標』があると思います。

私は、毎月の生活費を配当金でまかなうこと資産一億円、を目標に個別株&インデックスファンドへ投資をしています。

短期売買をして短い期間で資産を増やすことを目標にしている方ももちろんいますが、ほとんどの人にとっては仕事や育児が忙しく株の分析やトレードを頻繁にできない・・・という方が圧倒的に多いと思います。

ましてや米国株は日本時間の夜中にオープンしているので、安心して長期で保有し続けるのは難しい・・・と思っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、長期投資前提で資産を増やしていきたい方向けに、王道である米国ETFとインデックスファンドのどちらを選択すべきか、具体的なポイントをまとめご紹介します。

それぞれ特徴や注意点があるので、自分が長く継続できる投資法はどちらなのか、是非考えてみてください。

こんな方におすすめ

  • 投資に興味はあるが忙しく株価チェックをしている暇がない
  • 売り買いはあまりせず、じっくり投資して資産を増やしていきたい
  • 米国ETF、インデックスファンドの違いがよく分からず決めきれない

米国ETFとは?

ETFとは「上場投資信託」と呼ばれるもので、市場に上場しており株式みたいに売買できることが特徴です。

日本の市場に上場しているETFもありますが、純資産額やコストパフォーマンスなど米国ETFに大きく見劣りするものが多いので長期で資産を増やしていきたいのなら米国ETF一択で良いと思います。

注文方法も、その時の受給をみて値段が決まる「成行」と自分で買いたい値段を指定して注文を出す「指値」もどちらも可能です。

米国ETFのメリットとデメリット

米国ETFのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

・年間にかかるコスト(経費率)がインデックスファンドよりも安い

・テーマ別に投資できる商品の種類が多い

・為替差益が取れる(円高⇨円安の水準になれば利益が出る)

・年4回配当金がもらえる

ETFは販売会社が介在しないためインデックスファンドよりも年間にかかるコスト(経費率)が低い商品が多いです。

例えば、バンガード社が運用するS&P500指数に連動するVOOは、経費率0.03%です。(同様の商品でインデックスファンドだと0.09%)

また、投資商品の種類も多く半導体・不動産・コモディティ・金、注目されているESG銘柄を集めたQCLNなど特定のセクターへの分散投資も可能です。

米国市場に上場している銘柄3,500銘柄への分散投資、というような米国をまとめて買える商品もいいですが、景気に左右されやすい銘柄や今の時期だからこそ伸びている銘柄など個々に特徴はあるので、特定のセクターを丸ごと買うことができるのは嬉しいですよね。

米国ETFに限ったことではないですが、外貨建てになるのでもちろん為替は関係してきます。

今の円ドル為替は1ドル=105円ですが、1年前の水準である1ドル=110円へ円安ドル高が進んだとするとドルを円に変えた場合為替差益を得ることができます。

ただ、これは表裏一体なので逆に今より円高に進んだとすると円に変えた場合為替分損をすることになります。

今の水準より大きく円高に振れることは考えにくいですが、その場合は円に変えずドルのまま運用し続ければ良いですね。

米国ETFは年4回配当を出すものが多く、銘柄を分ければ毎月配当金をもらうことも可能です。

しかし、配当金はドルで支払われるので普段の生活で使うのは円に変える必要があり、こまめに変換するのはコスト高になるのでまとめるようにしましょう。

デメリット

・買付手数料と配当課税がかかる

・為替コストがかかる

・金額指定での買付ができない

・配当金の再投資が自動でできない

米国ETFは株式と同水準の買付手数料がかかり、手数料が低い大手ネット証券でも0.45%(最大22$)かかってしまいます。

但し、一部の銘柄に絞って買付手数料を無料にしている証券会社もあるのでチェックしてみて下さい。

また、年4回配当が出るのはメリットにもなりますが一方でデメリットにもなり得ます。

米国ETFの場合、配当金には現地で10%の課税がされ、国内で20.315%の課税がされるので二重課税となります。

これは確定申告を行うことで一部戻ってくるのですが多少の手間はかかってしまいますよね・・・

配当金を再投資するには課税後口座に振り込まれてから手動で買い増しする必要があり、そこでもまた買付手数料がかかってしまいます。

金額指定での買付ができない、という点も毎月一定額を積立したい方や、今持っている資金内で最大限投資したい方にとっては不便な点です。

S&P500に連動するVOOは1株356$なので(2/8時点)、最低でも37,000円ほど必要になります。

インデックスファンドとは?

インデックスファンドとは、投資成果が特定の市場平均指数に連動するように設計されている投資信託です。

特定の市場平均指数とは、例えば国内だと日経平均やTOPIX、海外だとS&P500窓が有名です。

反対にプロの運用マネージャーが運用銘柄を決めたりリバランスしたりする投資信託をアクティブファンドと言います。

指数に連動するように運用されるので、手軽に分散投資ができ分かりやすくシンプルにな為、人気が高まっているのがインデックスファンドです。

ジョブママ
プロが運用するアクティブファンドはコストもかなり高くなる上に、過去数十年の運用成果を見るとインデックスファンドの方が成績が良かった事例もああります。複雑に設計されたものより指数連動型に素直に投資した方が簡単だね。

インデックスファンドのメリットとデメリット

メリット

・買付手数料無料

・分配金を自動で再投資できる

・毎月一定額を自動で積立でき、再投資も可能

・少額から投資可能なので初心者でも始めやすい

インデックスファンド(投資信託)は、ノーロードと言われる買付手数料が無料のものが主流です。

また、分配金は出さず自動で再投資してくれるものが多いので目先の利益よりも長期的に資産を増やしたい人にはおすすめです。

仕事で忙しい人や手間をなるべくかけたくない人は、最初に設定さえすれば毎月一定額を自動で買付、再投資してくれるので継続しやすいですね。

米国ETFは1株数万円必要なものもありますが、インデックスファンドは100円から投資可能ですし金額指定で買付できるので無駄がありません。

デメリット

・配当金を受け取れない

・タイムリーに売買できない

・リタイア後は運用資金を切り崩していかないといけない

配当金を受け取るか否かは投資の目的やスタイルによってメリットにもデメリットにもなり得ます。

買付方法もETFと違い、株式みたいにその時の価格をみながら売買できず、注文を出した15時以降に買値が決まり約定します。

自分の好きな価格で今すぐ買付したい、ということはできないので注意が必要です。

また、長期運用をしてある程度の運用資産額になったので早期リタイアしましたという方は、配当金として毎月受け取れないので定期的に運用資金を売却し、切り崩す手間が発生します。

一度に全部売却せず、生活に必要な分だけ切り崩せば残りの資産は複利の効果も活かしつつ継続して運用されていきます。

長期投資で利益を出している人がこだわっているポイント

長期投資で利益を出している人が必ず意識しているポイントがあります。神様でない限り絶対にこの銘柄は上がる!と断言はできないですが、意識している人は必ず得をするポイントはあります。

経費率、信託報酬を低く抑える

投資は必ず利益が出るとは限りませんが、過去のデータから10年間長期保有した場合、暴落局面があってもプラスのリターンになっていることがわかっています。

長期で運用する際に、意識している人は必ず得するポイントがコストをいかに低く抑えるか、になります。

こちらの図をみて下さい。

1,000万円を同じ条件(年利3.5%)で30年間運用した場合、信託報酬が0.5%と1.5%の商品では30年後の結果が616万円も違ってくることになります。

一度設定すれば30年間放置した結果がこれなので、最初の商品選択の際にコストを意識したか否かで雲泥の差になりますね。

※「ETFはこの7本を買いなさい」より引用

複利の効果を生かす

複利というのは、得られた配当金を再投資して投資の元手を増やすことです。

配当金を受け取らず再投資していくことで投資の元手が増え、そこに利息がつくことで雪だるま式に資産が増えていきます。

こちらの図をみて下さい。

例えば、毎年12万円を拠出し年間3%の配当金が貰え再投資し続けた場合、約141万円になります。(元手は120万円)

もし再投資せず、配当金を受け取っていたら元手の120万円と36,000円の配当金ですよね。

都度配当金を受け取った場合、高い確率で使ってしまうと思うので10年後は元手しか残っていない可能性もあります。

目先の利益でなく、長期で資産を増やしたいなら複利の効果を生かすことは必ずメリットになるので再投資することをおすすめします。

ほったらかし投資におすすめなのはどっち?

長期投資で利益を出す為には、①いかにコストを低く抑えるか ②相場下落時も継続して投資し続けられるかが大きなポイントになります。

一概に米国ETFかインデックスファンドのどちらが良い、とは言えるものではなく自分にとって最適な投資方法を見つけることが大切です。

米国ETFでの長期投資か、インデックスファンドでの長期投資か、向いている人はどのような人なのかまとめてみました。

米国ETFでの投資が向いている人

米国ETF投資に向いている人は、ある程度のまとまった資金を投資したい人、投資に慣れている人、手間を惜しまない人が向いていると思います。

米国ETFを買い付ける時は米国株と同様の手数料がかかります。(一売買に付き0.45%かかり最大手数料は22$)

約50万円以上まとめて買い付ける場合は、22$を超える分手数料率が下がるのでお得になりますが少額資金で投資する場合は少々高い手数料になると思います。

テーマやセクター別に商品の種類が多く、株式同様市場でタイムリーに売買できるので自分で銘柄を選んで好きな価格で売買したい人には向いています。

配当金には現地課税と国内課税の二重課税になるのですが、確定申告をすることで一部還付されます。

確定申告の義務はありませんが、少しでも税金を取り戻せるので手間をかけてでもやってみることをおすすめします。

逆にこれを手間と思う人は金額が大きく慣ればなるほどバカにできなくなるので最初からインデックスファンドがいいかもしれませんね。

手順はこの記事の最後に別リンクを貼っておくので参考にして下さい。

インデックスファンドでの長期投資が向いている人

インデックスファンドに向いている人は、手間をかけずに少額からコツコツ運用したい人に向いていると思います。

インデックスファンドは、買付手数料無料、配当金も自動で再投資してくれるので運用の手間がかからないことが大きなポイントになります。

また、少額から投資できるので投資資金を捻出する余裕のない人でも月5,000円を毎月コツコツ投資、といった選択もできます。

時間をかけてゆっくりと資産を増やしていきたい人にはおすすめの投資手法で、少額から始められるのは機会損失を有むリスクが避けられますね。

米国ETFは年4回配当金がもらえるので、リタイア後は再投資せずに受け取り生活資金の足しにする、といった面では便利ですが働き盛りで積極的にリスクを取れる時期は手動で再投資する手間と税金の二重課税があります。

インデックスファンドは最初に設定をしておけばあとは自動で買付もしてくれますし、途中で減額や増額、ボーナスが入った時は追加で投資、なども自由にできますし配当金も再投資されるので税金はかかりません。

ジョブママが実践している長期投資法は?

私は夫と子供の3人家族です。家族全員分の非課税口座を持ちメリットを最大限受けられるようにしています。

非課税口座の内訳

夫と私の積立NISA⇨33,000円/月分インデックスファンドを買付

ジュニアNISA⇨インデックスファンド+高配当株式

我が家は共働きで夫の収入で基本的な生活費はまかなっています。

子供が私立の学校へ通ったり、私が専業主婦になるなど環境の変化があるまでは私の収入はほぼ全額投資に回しています。

夫の収入での投資は積立NISAの年40万円と優待目当てのオリックス株のみにすることで現金比率を高め、家庭全体のリスクの分散をしています。

ジョブママ
私の課税口座で米国ETFはVOO、VYMを持っています。お試しで資金を入れただけなのでそれぞれ30万円くらいの保有で定期的に買い増しはしていません。

積立NISAのように20年間も非課税枠があり、ほったらかし投資をしたいものはインデックスファンドで手間をかけずじっくり保有していきます。

課税口座ではいつでも売買できるように、個別株や米国ETFを持っています。

リスク資産なので投資戦略が変わった時や思わぬニュースがあった時に流動的に動けるよう、非課税口座で持つ資産と課税口座で持つ資産は目的を分けています。

いかがでしたでしょうか?

投資はその目的や方針によって何を選ぶべきか異なってきますし、向き不向きがあります。

特徴を理解した上で、自分にとってどの投資手法が一番合っているのか考えて一歩を踏み出して下さいね。

 

米国株・ETFの配当二重課税を取り戻す『外国税額控除』の具体的なやり方はこちらの記事をチェックして下さい。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-資産運用

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。