資産運用

【ジュニアNISA】2020年実績公開

 

こんにちは、ジョブママです。今年は第一子を授かり0才の我が子のためにジュニアNISAを開設しました。

ジュニアNISAを活用している人ってどんな銘柄を買ってるの?

という疑問に答えて私が実際に投資している銘柄と運用方針をご紹介します。

前回のブログにも書いたのですが、ジュニアNISAは2023年に廃止が決まり制度変更によって使いやすくなりました。

まだ開設していない方はこちらのブログも合わせてご覧下さい。

ジュニアNISA運用方針

投資を始める時にはまず “目的” と “運用方針”を明確にしましょう。

長期投資にはリーマンショックやコロナ危機など相場の下落局面は必ず来るのでその時にブレないように、慌てて売却してしまうことがないように心構えができるからです。

ちなみに私の場合はこちらです。

<目的>

・非課税枠を利用しながら長期で子供の教育資金をつくる

・私立への進学や海外留学などお金がかかる場合でも子供のやりたいことをやらせてあげる

<運用方針>

・インデックスファンドを分散させて毎月一定額買付する

・高配当銘柄を1〜2銘柄いれる (株価が右肩上がりで事業成長していること前提)

・グロース銘柄 (成長が見込める株)を1銘柄いれる

 

なるほどね!何かポイントはあるの?

 
 

そうだなあ〜、子供に一番大きなお金がかかる
時って中学校や高校に進学するタイミングや海外留学だと思うんだよね。

だから長期で持てそうな銘柄を選択するといいと思うよ。

 
 

一般的には高配当銘柄は最終的な利益の中から無理をして配当を出してたり、本業で稼げなくなって株価が右肩下がりになってるものが多いって聞いたけど大丈夫なの?

 
 

たけちゃん詳しいね!

配当性向っていうんだけど本業で稼いだ利益の中から何%配当を出してるかを見る指標があってね、それが30〜60%くらいで株価もゆ〜っくりでいいから右肩上がりになってる銘柄を選ぶようにしてるよ。

 
 

インデックスファンドと個別株の比率ってどうなの?

 
 

私の場合は最終的には、インデックスファンド:個別株=7:3になるように調整していくつもり。

 
 

個別株って何を選んでいいか分からないし、よくこれを買えばいい!って聞く銘柄もそのまま信じていいものか・・・

あとは下がったところで買うタイミングって難しいよね。

 
 

そうだね、各フェーズでどこが底値なのかは誰にも分からない。チャート分析とかは参考にはなるけど100%ではないしね。

個別株は相場が良い時には利益は出やすくなるんだけど、やっぱり振り幅がインデックスファンドよりも高くなるから、初めての投資ならインデックスファンドのみで運用してもいいと思うよ。

 
 

分かった!僕は初心者だからまずはインデックスファンドから始めてみるね。
ジョブママはどんなファンドを選んでるのか教えて〜

 
 

うん、いいよ!このあと実際に私が保有している銘柄を紹介するね〜。

 

ジュニアNISA投資銘柄

2020年11月から娘のジュニアNISAを開設し運用開始しました。

2020/12/17時点

個別銘柄は日本M&Aセンターとメタップスをそれぞれ最低単元で買ってます。

これら二つともグロース銘柄と捉え、10年後の成長株と見込んで選定しました。

日本M&Aセンターは、年間80万円までのジュニアNISAにしては最低購入額が50万円を超えてしまうので高いかな〜と思ったんですが、今後少子高齢化が進み後継者不足になる日本でM&A仲介は伸びるかも…とか

仲介手数料ビジネスなので利益率が高いのも魅力かな〜と考えて思い切って10%程下がったタイミングで買いました。

連続で高値更新をしている局面ではなくて、ずっとウォッチしていて下がった局面でいつでも購入できるように現金を口座に入れていました。

メタップスはwebマーケティングが主の事業ですが、キャッシュレス決済分野やクラウドに投資をしているDX銘柄です。

値動きは激しく購入した時も株価は低迷していたのですがそこから11%も下がってしまいました…

8万円程で購入しているので、全体のインパクトとしては小さいので放置しておきます。10年後、化けてるといいなあ…

インデックスファンドはeMAXISシリーズで、日本株、米国株 (S&P500)、新興国株、先進国債券に分散させています。

eMAXISシリーズは購入手数料無料、解約手数料も無料ですし、信託報酬という投資信託を保有しているだけでかかる管理コストも0.1%以下の商品が多いです。

アクティブファンドと言われるプロの運用マネージャーがポートフォリオを組み換えてくれるような投資信託や、証券マン・銀行員・保険営業が勧めてくる投資信託は購入手数料が約3%、信託報酬もインデックスファンドの10倍になってしまうので絶対に手を出さないで下さいね!

eMAXISシリーズだと全世界株式 (オールカントリー)も人気ですね。

この商品はその名の通り日本を含む世界の先進国全体に投資できる商品ですが、中身は55%米国株です。

組み入れ上位3銘柄は、Apple、Microsoft、Amazonで、今年からS&P500の採用銘柄になって株価爆上げしたTesla Motorsも入ってますね。

信託報酬も0.11%なので問題ない水準だと思います。

長期運用していく上での注意点

冒頭で紹介した過去のブログ内でも紹介していますが、ジュニアNISAで買付をしている銘柄は2024年以降売却することは可能です。

しかし、特定の銘柄だけ売却して残りは継続保有…

な〜んてことはできないので、全て売却するか持ち続けるかしかないんですね。

そうなると必然的にどんな相場の下落局面でも持ち続けられる銘柄、つまり、

✅ 低リスクに抑えつつ相場の上昇局面では少しずつ利益がでること

✅ 大型銘柄で事業成長も見込め、市場から注目されている会社

が重要になってきます。

上記の条件でいうと、メタップスは外れているので正直ジュニアNISAで買わなくても良かったかな…と後悔していますww

来年の80万円の枠では、インデックスファンドを中心に毎月一定額買付をし、

高配当株の伊藤忠商事 (8001) 、オリックス (8591)あたりを買おうかなと思ってます。

 

最後に

子供の教育資金をジュニアNISAで溜める、と言っても2023年で制度は廃止になるので泣いても笑ってもチャンスはあと3年です。(2021年運用開始の場合)

来年から始めてもMAX240万円しか投資できないので、10数年後にそれが複利効果で何%増えているのか…

もし途中で大きなお金が必要になり、投資資金しか元手がない場合、数年後に売却してしまうかもしれません。

もしその時にリーマンショックみたいな相場下落局面であれば損をしてしまうかもしれません

でも考えてみて下さい。

日本の大企業も副業解禁、物価は上昇、増税、高齢者の医療費負担を2割へ引き上げ…

こんなニュースを見ていると現金をゼロ金利で預金していることの方がリスクになります。物価の上昇に合わせて給料も上がる…なんてことないですよね?

6ヶ月分の生活費、不安であれば1年分の生活費を残しておいて、毎月無理のない範囲でコツコツ積立をしていけばいいのではないでしょうか。

本ブログは個別株、個別商品を推奨するものではありません。

あくまで投資は自己責任になりますが、もし一歩踏み出せずに迷っている人がいたら背中を押せたらな、と思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-資産運用
-,

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。