資産運用

【2021年5月】ジュニアNISA運用実績公開

こんにちは、ジョブママです。

4月のジュニアNISA運用実績をまとめ忘れてしまい、一気に5月まで飛んでしまいました。

ここ数ヶ月は株式の動きが鈍化しており、保有株の 値動きもほぼなし、東証マザーズに上場している株はマイナスに転じてしまいました。

ジョブママ
課税口座だと好きな時に売却できますが、ジュニアNISAだと長期保有が前提なので銘柄選定は慎重にしないとですね。

2021年5月のジュニアNISA運用実績はこちらになります。

こんな方におすすめ

  • 子供の教育資金のためにジュニアNISAを検討しているが何を買えばいいか悩んでいる
  • 子育てをしながら無理のない範囲でコツコツ資産を増やしていきたい
  • ジュニアNISAでどんな銘柄を買えばいいか分からない

2021年ジュニアNISA運用実績

 

株式と投資信託全てを合わせた全体の運用実績は、+1.3%でした。3月の時点では+8.7%だったので利益が大きく目減りしています。

日本M&Aセンターが大きなウェイトを占めているのに-10%に転じてしまい、好調だったメタップスも利幅が20%ほど下がっています。

コンサル業界は利益率がとても高く、今後後継者不足などの影響でM&A仲介数は増えると思い思い切って購入したのですが、河野大臣の発言以降大きく下がりあまり回復していないですね。

メタップスは株価1000円台で落ち着いてきたのでこのまま順調に推移してくれればもういいかなと思っていますww

メタップスは投資額8万円と少額から買えましたし、大きく化けるか紙屑になるかのどちらになるか将来性に賭けた銘柄なのでこの伸び代がまだまだあると信じています。

積立投信の実績も3月時点と比べて4%ほど利幅は縮小しています。

コロナ禍で上昇していたS&P500や米国株が大きく下げてきている煽りを受けていますね。

それでもコツコツ買い増ししていく分には10年ほどのスパンで見ると絶好の買い場なのでここぞとばかりに資金を投入していきます!

ジョブママ
私は先進国株式(ほぼ米国株)、S&P500(米国株)、新興国株(ほぼ中国)に偏っていますが、株式の調子が悪い時は先進国債券は相反する動きをするため調子が良いので株式が調子悪い時は世界株式ファンドを買い増しし、株式が上昇してきたタイミングで先進国債券ファンドを買い増ししていこうかな。

 

ジュニアNISAはいつ始めるべき?

ジュニアNISAは制度変更に伴い、2023年で廃止されることが決まっています。

非課税で運用できる枠が最大240万円ということですね。NISA以外の課税口座では利益に対し20.315%の税金がかかり、さらに買付手数料も取られます。

例えば、240万円を運用し10%プラスになった時に売却した場合、

○ NISA口座で運用した場合:24万円の利益に対し手取りは24万円

○ 課税口座で運用した場合:24万円の利益に対し、手取りは約19万円。さらに手数料もかかるのでさらに目減りする。

となります。

世界株式に分散投資できる投資信託をコツコツ買っていけば、10%の利益を出すのは状況が悪くても正直2〜3年でいけると思います。

実際長期運用が前提なので売却時は10年後とかになると思いますが、、

手取額が5万円も変わるって普段家計簿つけて節約している身にとっては大きいですよね。

10%って割とコンサバなのでもっと利益は出ると私は思っています。10年後に50%とかいけば嬉しいですね。

利幅が大きくなると、課税口座か非課税口座かで得られるメリットはもっと大きくなるので18歳未満のお子さんがいらっしゃる方は一刻も早く始めることをお勧めします。

何を買えば良いか分からない方は、過去の記事を参考にしてみてください!ネット証券のサイトにいけば、投資方針に合わせておすすめの商品も教えてくれるので便利ですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-資産運用
-, ,

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。