資産運用

【米国株】2021年3月保有銘柄&運用実績公開

こんにちは、ジョブママです。

私は共働きの強みを活かして2020年から本格的に投資を始めました。旦那の給料で生計をたて、私の給料はほぼ全額投資に回しています。

初めは日本株でサービスが伸びそうとか、自分が働きたいと思う会社か、といった軸で銘柄を物色し成長株を買っていましたが、今は米国株の比率を上げていきたいと考えています。

日本株も業績相場で値上がりする銘柄はしますし、高配当株且つ株価の値上がりも狙える銘柄もゴロゴロあります。

ただ、市場の回復力や成長性、経営者の株価に対する意識や考え方は米国株の方が投資家にとっては優位なことが多いので個別株運用においては、日本株40%米国株60%程度を目指していくつもりです。

本記事では、私が保有している米国株の紹介と運用実績をご紹介していきたいと思います。

同じような投資初心者の方、本気で米国株投資をしていきたい方の参考になればとても嬉しいです。

米国株の保有銘柄一覧とポートフォリオ

3月末の時点での保有銘柄と全体に占める割合を円グラフにしてみました。

 

 

個別株、ETF合わせて18銘柄に投資しています。

米国株の投資戦略はまだしっかりと定まっておらず、自分が外資系IT勤務なので身の回りで使われているサービスや同僚が転職していった企業を調べ資金余力がある時にコツコツ買っていたら今のポートフォリオになりました。

1年以内に倍になった銘柄が3〜4銘柄あったのですが、ここ数ヶ月間のグロース株暴落で今は0ですね、、、

分散を意識せず、DX、クラウド銘柄に偏って買っていたので見事に煽りを受けポートフォリオ全体で20〜30%は下げました。

こういう暴落の局面になるとポートフォリオの分散の重要性が身に染みますよね。

ハイテク&グロース株が大きく下げている中で高配当株は上昇していたので今後買い増しをしていく際には相場の動きを見て、ハイテク株と高配当株をテクニカル指標を見ながら買い増ししていこうと思います。

3月末時点での米国株運用総額は、$44,915でした。4/2時点での運用総額は約$47,000で日本円にして約520万円(+12%)です。

円ドル為替が110円にのったので為替差益も大きいですね。

3/31〜4/1(米国時間)の二日間でグロース株は続伸しましたが、この二日間で利益が倍になりました。

昨年の株価を上昇する少し前から買付していたこともあり暴落の煽りを受けてもマイナスにはなっていませんが、2日で利益が半分になったり倍になったりすると運用額が数千万円になった時にメンタルを維持していくためにも今からしっかりポートフォリオを設計し、リバランスをしていこうと思っています。

保有銘柄を下記のようにカテゴリに分けて私は投資をしています。

米国株のカテゴリと定義

① グロース株(ETF):DX、クラウドを中心に配当を出さずに事業に投資していく成長株へ投資

② 高配当株(ETF):税引き後の配当利回り3.5〜4%で業界を分散して投資

③ バランス株:増配をしており経営改革やコスト削減に積極的で事業も成長、株価もじわじわと右肩上がりの銘柄へ投資

 

こうしてみると、グロース株が50%以上を占めており、偏りがでていますね。

銘柄数も投資や分析にあまり時間をかけられない人であれば10銘柄程度に抑えておいた方がいいですし、保有しているハイテク株の値動きには相関関係があるので銘柄を絞って集中投資でもいいかなと考えています。

私の投資目的は、『将来的に配当金で生計を立てること』ですが、働き盛りの30〜40代前半はグロース株とバランス株の比重を高くして資産を増やし、40代半ばになったら徐々に高配当株と増配株へ軸足を移していこうとざっくり考えています。

 

3月の株式売買銘柄公開

3月に相場の動きを見ながらいくつか銘柄を売買しましたので紹介します。

 

Twitterが利益が110%ほどでており、広告収入が柱のメディアという観点でPinterestと被っているので売却しました。

時価総額でみると、Twitterは$50.9B、Pinterestは$46.5Bと大差はないですが、PInterestは2019年上場でまだ2年も経っていないのに時価総額は4倍になっています。

EPS(1株あたりの利益)の伸び率や売上高成長率を見てPinterestに絞ることにしました。

動画広告やインターネット広告は今後も伸びていくと思うのでこの分野に投資はし続けていきますが、やはり偏るのはよくないので思い切って利確しました。

その売却資金で画像検索エンジンアプリを提供するPinterestとID/セキュリティ管理のOktaを買いました。

結果、現在の株価よりも20%程安い価格でPinterestを購入できましたし収益構造の被っている銘柄を整理に集中投資できたので良かったと思っています。

ただ、Oktaは買った翌日から暴落し、ナンピンしましたがまだまだ戻らずマイナスです、、

今月のまとめ

バイデン政権になり、金融相場から業績相場になると言われているので昨年とは違い、しっかり銘柄を分析して買った方がいいですね。

毎日の株価の動きをチェックしがちですが、みるべき指標は「長期金利」です。

長期金利が上昇し続けている間は米国グロース株は高値圏にあったこともあり大きく売られましたが、金利上昇が落ち着いた局面で買い戻されました。

ポートフォリオが偏っているとこのような調整局面で大きく資産額が変わってしまうので偏っている人は見直しをしてみましょう。

株の買い時、売り時はいつなのか悩む方も多いと思います。

実際、私も3月に銘柄を売買する時には悩みましたが投資の基本に立ち返ることで納得して行動に移すことができました。

どのように考え実践したのか、別記事にまとめていますので完成次第ブログ更新しますのでよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-資産運用

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。