家計のこと

共働き子育て世帯、家計シュミレーションをやってみた〜住宅購入 VS 賃貸?投資はいくらまでやるべき?〜

スポンサーリンク

こんにちは、ジョブママです。

私は現在30歳、旦那と0歳の娘の三人暮らしで社宅住まいです。

今のところ共働きでダブルインカムですがいつ働く環境が変わるか分からないし、持ち家の購入や車の買い替えなどいついくらの出費なら許容できるのか漠然と不安を抱えていました。

目先の固定費削減はコツコツ進めているのですが、長期的なプランを考えたことはなく・・・

いきなり数万円かけてFPさんに家計相談をするのもなあ・・と思っていたのでココナラで5,000円の家計相談をやってみました。

いくつかのヒアリング項目に答えるだけで、Excelで更新できるライフプランシートとチャットでの質問が無制限にでき、大満足でした。まずサクッとシュミレーションしたい方にはおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 気軽に専門家に家計相談をしたい
  • 住宅購入、車の買い替えなど大きな出費に備える方法を知りたい
  • 今の収入で子供の教育資金はどのくらいかけられるのか知りたい
  • 世帯でどの程度投資に回すと良いのか適切な金額を知りたい

私が家計シュミレーションをやることで解決したい悩みはこんなことでした。共働き子育て世帯の方は同じような悩みをお持ちではないでしょうか?

ジョブママが気になっていること

①持ち家を購入すべきか、賃貸に住み続けるべきか (転勤はなしの想定)

②共働きで夫の給与で生活をする場合、妻の収入の何%までを投資に回せるのか

FPに相談する前に何のためにシュミレーションをやるのか、目的を明確にしておくことが大切です。

ではここからは依頼するまでのステップとシュミレーションの結果をみていきましょう。

step
1
FPに相談する前に事前に家計の特徴や方針、悩みを伝えておく

世帯収入や子供の人数、生活水準など家庭によってまちまちです。

生活や家賃を切り詰めれば良いという問題でもないので身の丈にあった生活水準はどのラインなのか、今の生活スタイルを続けて将来的に行き詰まることはないのか?を確かめていくのがシュミレーションの目的です。

FPに自分の家計の前提条件や方針、その他質問など事前に細かく伝えて、現状分析の結果その要望を叶えるためにはどこを改善すべきなのか、回答をもらうようにしましょう。

ジョブママ
ちなみに私の家計の前提条件と方針はこんな感じです

<家計の前提条件>

・共働きで夫の収入で生活費をまかない、妻の収入は投資に回す

・現在は社宅に住み家賃を抑えられているが今後もっと広い家が必要になる

・現在共働きだが今の仕事を続けれるか不安なため10年後に妻の給与水準が下がることを想定

<家計の方針>

・子供は二人を想定し高校から私立にいれたい(又は海外留学をさせたい)

・習い事や週1日のインターナショナルスクールを経験させたい

step
2
収入と支出を項目毎に把握する

大抵のFPはヒアリングシートを持っており、その内容を基にライフプランを設計していきます。

シュミレーションをするには家計の支出と収入を項目毎に把握することが大切です。

私は下記の項目を聞かれました。

・家族構成 (将来予定している子供の数も含む)

・給与収入 (年間○%で上昇していくなど具体的に)

・退職金の有無

・基本生活費(食費、生活雑貨費、公共料金、娯楽費)、住居費、車関係費、保険、教育費

・現在の貯金額、運用資産

パッと答えられるものもあればあやふやなものもあり、書き出して見ると使いすぎだなと反省する項目もありましたね。

step
3
ジョブママ家計のキャッシュフロー表公開

少し見づらくて恐縮ですが、生々しいものをのせてみました。画像をクリックすると拡大して見ることができます。

私が外資系IT勤務なので一般的に給与水準が高く夫よりも手取り収入は高めで、夫は古き良き時代の大手企業勤めの為、給与の大幅上昇はないですが堅実に年2%ずつ上昇していく見込みです。

日本の大手企業は福利厚生が良いのも大きな特徴ですよね。

夫の会社の社宅に住んでいるので家賃は3万円代と破格の値段で住めています。ありがたい・・・

ジョブママ
日本の大手企業のメリット生かして出世できるよう頑張れ!

step
4
支出項目をカテゴリ毎に分析してみよう

支出の内訳を項目毎に詳しくみてみましょう。これは私の家計の支出項目なので、各家庭で項目も数字も異なります。

自分の家計だとどれくらい支出があるのかイメージしながら見て頂けると嬉しいです。

● 基本生活費:食費、消費財、光熱費、友人との食事や欲しい物を買ったり娯楽費用をまとめています。物価上昇も考慮に入れて0.5%ずつ上昇していくように計算するようになっています。

● 住宅費:今は社宅住まいなのですが子供が大きくなると手狭になるので住み替えを2025年にする計算にしました。シュミレーションでは住宅ローンを組んで持ち家を購入した場合で計算しています。

頭金1,000万円を一括で支払い、リノベ込で4,000万円の家を購入。フラット35を金利1.3%で契約し35年で返済するケースでシュミレーションをしています。

ジョブママ
毎月の支払いは約89,000円とそんなに負担は大きくはないけど、支払い利息は735万円もかかるんだね。ドブに捨ててると同じだからほんと勿体なく感じてしまう・・・

●子供の教育費:子供は二人いる想定で習い事やインターのサマースクールなど通わせたいので以下の試算になっています。

保育園 (0〜3歳):認証保育園に通わせ6万円/月

幼稚園 (4〜6歳):50万円ー30万円 (幼児保育無償化制度)=20万円、習い事費用が約30万円で合計50万円

小学校と中学校は公立、高等学校以上は私立へ通う想定。海外留学もあり。

<子供の年間教育費について>

幼稚園 (私立) 50万円 中学校 (私立) 141万円
幼稚園 (公立) 23万円 高等学校 (公立) 50万円
小学校 (公立) 35万円 高等学校 (私立) 105万円
小学校 (私立) 160万円 大学 (公立) 65万円
中学校 (公立) 50万円 大学 (私立) 100万円

参考:文部科学省 平成30年度子供の学習費調査の結果より

●保険料:掛け捨ての女性特有の病気の保障が手厚い医療保険を契約していますが解約予定

●車:自動車税が10万円/年、2023年から7年毎に200万円の車を購入する想定で試算

●投資:家計の前提でもお伝えしましたが夫の給与で生活をし妻の給与はほぼ投資に回しています。夫も妻も積立NISAを満額で40万円/年やっており、その他妻の口座で株式と投資信託を買っています。

家計シュミレーションをしてみると自分の家計のお金の流れが可視化できました。

子供が二人いると、一番お金のかかる時期が重なってくる局面があります。

また、住居を賃貸から持ち家に変えた場合や車の買い替えも必要経費になってくるのでその時に十分なキャッシュを置いておかないといけないですね。

我が家の場合、下記の3つの局面で年間収支がマイナスになっていますが貯金で賄えています。

✅ 2035年に住宅購入のため住居費が上がっている。頭金は1,000万円一括払いで

✅ 2030年に車の買い替えで200万円の出費。2023年の買い替え時は社宅住まいのため住居費が抑えられているためプラス

✅ 2037年と2039年に二人の子供が海外留学するため500万円の出費

step
5
持ち家VS賃貸、共働き子育て世代の場合いくら投資に回せばいいの?の結論

冒頭で述べた悩みはこの家計シュミレーションで解決できたのでしょうか?

ジョブママが気になっていること

①持ち家を購入すべきか、賃貸に住み続けるべきか (転勤はなしの想定)

②共働きで夫の給与で生活をする場合、妻の収入の何%までを投資に回せるのか

ジョブママ
持ち家を買うために住宅ローンを35年で組むと利息分だけで735万もあるんですね。それを上回るメリットってあるのでしょうか?
FP
一般的には住宅ローン完済後は維持費の支払いのみでよくなるので経済的メリットがあると言われているよ。団信保険に入ると何かあった時にローン残額の支払いが免除されたり値上がりして売却すればプラスの資産になるしね。
ジョブママ
2021年で終了予定だけど住宅ローン減税の制度もあるので節税メリットがあるならお得な気もするけど・・持ち家のリスクって何でしょうか?
FP
転勤や住み替えかな。日本は人口が減っていくのでファミリー向けの間取りの部屋は売却しずらいとか都心以外は土地の価格が値下がり続けるとかも言われているね。ジョブママさんの資産推移であれば気に入った物件があれば購入するのでも良さそうだね。
ジョブママ
ずっと賃貸に住み続けるのは家賃がムダ、って単純に考えてたけど無理して持ち家を買う必要もないってことが分かりました。②の妻の給与をいくらまで投資に回したらいいのか?についてはどうでしょうか?
FP
一般的には全資産の50%と言われているけど夫の収入で生計を立てているのなら妻の収入が今の水準を維持できている限りは年間500万程は許容範囲だと思うよ。転職して収入が減ったり子供の教育費が試算以上かかる場合は投資額をその分減らした方がいいね。
ジョブママ
30代の稼ぐ力が高いうちは積極的にリスクをとって投資をして、状況を見ながらExcelを書き換えて試算すればいいんですね!
FP
そうだね。ライフプランは変わっていくものだからメンテナンスをして大きなズレがないかチェックすることが大切だね。退職後の61歳から年500万を投資分から切り崩したとしても、年3%で運用できた場合19,000万程の資産があるから十分安心できるライフプランになっていると思うよ。

step
6
家計シュミレーションをしてみて良かったこと

これまでは家計簿アプリを使って短期的なお金の流れや収支は把握していたのですが、今後想定されるライフイベントでの出費や備えておくべき余裕資金がいくらかなど、具体的な数字は把握していませんでした。

幼児保育無償化制度や私立高校授業料実質無償化(令和2年4月〜)など国の政策も変わっていきますし、ライフプランも一度決めたらそのままではなくメンテナンスして使えるのが嬉しいですね。

数字を入れ替えて色んなパターンを試算できるのも勉強になります。

FPの専門家に数万円かけて依頼するほどでもないけど、一度自分の家計のシュミレーションや悩み相談をしたい!という方は是非ココナラに登録してみてください。

300円OFFクーポンがもらえる特典もありますしポイントを貯めてサービスに使うこともできますよ。

無料会員登録はこちら

私がサービスを依頼したのはexcelcfさんです。お手頃な価格でメンテナンス可能なExcelと何度も質問に対して丁寧に答えてくださいました。

ココナラにはWebデザインや動画作成、似顔絵制作など多数のサービスがあるのでお手頃に使ってみたいサービスがないか探してみると面白いです。

サービスの提供者としてチャレンジしてみるのもいいですね。

ここまで読んで頂いた皆さんありがとうございました!

自分自身の実体験を基に書いているのでどれくらい参考になるかは分かりませんが、今を見つめ直し将来を安心して生活できるようライフプラン設計を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-家計のこと
-,

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。