育児

妊娠糖尿病になったらどうなるの?妊娠糖尿病の生活と食事について

こんにちは、ジョブママです。

私は2020年8月に第一子を出産したのですが、妊娠糖尿病にかかってしまい入院も経験しました。

「糖尿病」と聞いた時はすごく怖くてお腹の赤ちゃんに何か会ったらどうしよう…と不安になりましたが、妊婦さんの約15%がかかる病気だそうです。

妊娠糖尿病を無事に乗り越え、予定日の約2週間前に3395gの元気な赤ちゃんを出産しました。

必要以上に悩むことなく向き合って欲しいと思い、経験談が参考になればと思いこの記事を書きました。

こんな方におすすめ

  • 妊娠中で将来起こりうるリスクに備えて知識を増やしたい方
  • 妊娠糖尿病になりこれからの生活をどう変えたらいいのか知りたい方
  • 妊娠糖尿病の食事メニューや管理方法を知りたい方

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、『妊娠中の血糖値が高い状態』のことをいいます。

妊娠中は胎盤で血糖値を上げるホルモンが生成され、妊娠中期以後にインスリン(=血糖値を下げるホルモン)が効きにくい状態となり血糖値が上昇します。

一般的な『糖尿病』とは違い、妊娠中に起こる糖代謝異常なので出産したら完治となりますが、将来的に糖尿病になってしまうリスクは高まるので注意が必要です。

具体的には、糖負荷試験を受けその数値が下記に該当する場合に妊娠糖尿病と診断されます。

・空腹時の血糖値 92以上

・1時間経過後の血糖値 180以上

・2時間経過後の血糖値 153以上

糖負荷試験とは、サイダーみたいな炭酸水を飲みその後1〜2時間かけて糖の数値を計測していく試験で、個人的な感想としては、普通のサイダーと変わらない味でとても美味しかったです。

妊娠糖尿病になりやすい人と自覚症状

ジョブママ
妊娠糖尿病になりやすい人はこんな人

☑︎体重が肥満気味の人

☑︎両親や兄弟に糖尿病の家族がいる人

☑︎尿糖陽性の人

☑︎35才以上の人

☑︎先天奇形や巨大児を出産した経験のある人

☑︎流産や早産歴のある人

ジョブママ
私の場合は、とにかく炭水化物が大好きでつわりも食べつわりだった為、好きなものを食べまくっていたら妊娠糖尿病になってしまいました。

自覚症状はほとんどないことが特徴で、高血糖状態が続くと喉が乾きやすい、トイレが近い、倦怠感といった症状が出ることがあります。

ジョブママ
私の場合は特に自覚症状はなくて妊婦検診時の尿検査で引っ掛かり、次回糖負荷試験をやりますよ、と言われ普通の生活を続けていたら妊娠糖尿病の診断をもらってしまいました。今思えば、糖負荷試験までに食事管理を徹底していれば発症しなかったのかな?と反省しています。

妊娠糖尿病になるとどんな影響が出るの?

妊娠糖尿病になると母体への影響としては、『妊娠高血圧症候群』『早産』『難産』のリスクが高まり、赤ちゃんへの影響としては、『巨大児』『出生後の高血糖』『多血症、黄疸が強い』といったリスクがあります。

ジョブママ
私の場合は週数の基準に比べて赤ちゃんの体重が大きくなりすぎてしまい、巨大児のリスクがありました。予定日まで待つと4,500gを超える計算になり胎盤から赤ちゃんに送られる血液の質も悪くなるので予定日より約2週間早めに入院をし、経膣分娩をしました。

妊娠糖尿病の生活と食事について

妊娠6ヶ月目に入った時の妊婦検診で尿糖が高く出ているから次回糖負荷試験をします、と医師に言われ、正直その時は大丈夫だろうと甘くみていました。

その日の妊婦検診の2時間前にラーメン大盛りを食べてしまったのでww一時的に数値が高く出ているだけ…と思い特に食生活を改善しませんでした。

その結果、妊娠糖尿病を発症してしまい入院をすることになってしまったので正直とてもショックでした。

出産までの約4ヶ月間、苦しい食事療法による血糖値のコントロール生活が始まりました…

食事療法による血糖値のコントロール(1食の糖質は15gまで)

基本的に妊娠糖尿病の治療は『食事療法』になります。

食事管理を徹底しても糖数値が基準内に収まらない場合はインスリン注射を打つことになります。

管理栄養士から「1食の糖質は15gまでに抑えてください」といわれ、ノートに朝・昼・晩と食事のメニューと糖質量を書き込み、自己管理していきました。

基本的に米、麺、おやつはNG。肉、魚はOK。但し、衣をつけてあげたりドレッシングのかけすぎはだめなので塩コショウの味付けが多かったですね。

野菜や果物も意外と糖質が高いものが多いので糖の含有量を調べながらメニューに取り入れていました。

ジョブママ
朝と昼は糖質0チキン、オイコスやプロテインなど高タンパクで低カロリーのものと米を2〜3口程度食べていました。どうしても麺が食べたくなった時は糖質0麺やCarbOFFのパスタを食べてましたね。

15gといわれてもピンとこない方が多いと思いますので、参考までに食材別の糖質量一覧シートをのせておきます。

3日間の管理入院

私の場合は産休に入ってすぐ管理入院ということで3日入院しました。入院の目的は『徹底した食事管理を学び糖数値が安定するか経過観測すること』

妊娠糖尿病患者といっても身体は元気なので病院に併設されているプールやスタジオに通い軽く運動をしていました。

コロナの影響もあり、面談禁止でしたし、運動以外の時間は暇なのでずっと本を読んだりテレビを見たりしてゆっくり過ごすしかなかったです。

1日の食事を5回に分けてとる分食

食事をすると血糖値が上昇するので、一気にあげず緩やかにあげていくために1回の食事の量を少なめにして回数を増やしていく、分食をしていきます。

妊娠中は栄養もカロリーも必要なので量を減らすのではなく、糖質を減らしながら量はしっかり食べる、というイメージですね。

ジョブママ
私が入院していた時は、朝8時、昼12時、昼3時、夕方6時、夜9時と5回に分けて食事をとっていました。夜9時はスープ1杯だけだったのですがあまりお腹空いてなくてキツかったのを覚えてます

1日4回の血糖値測定

起床後、朝昼晩の食事から2時間経過後に血糖値を測り手帳に記録していきました。

入院前に血糖値計測器(約1万円)と針、センサーを購入しそれで毎回自分の指に針を刺して少量の血液をとり計測しないといけません。

初めは自分の指に針を刺すのが怖かったのですが、意外と痛くなく…それはあまり苦痛ではありませんでしたね。

ただ、針とセンサーの値段が結構高い… 出産までの約4ヶ月間毎日必要だったので3万以上はかかりました。

妊娠糖尿病の食事メニュー

妊娠糖尿病の食事ってどんなメニューを作ればいいのかよく分からない…という方もいるかと思いますので入院中に出た食事の一部をご紹介します。

朝食メニュー⇩

昼食メニュー⇩

夜食メニュー⇩

食事の量は割としっかり目で糖質を抑えるメニューになっています。

パンも米もカロリーを摂取するために食べないといけないのですが2〜3口程しかないのでよく噛んで食べていました。

妊娠糖尿病を乗り越えて

妊娠糖尿病になってしまったことはショックでしたが、身内に糖尿病を発症した人もおらず、高齢出産ではないので完全に自分の食生活の甘さが原因でした。

妊娠中だから好きなものを食べていい、と間違った解釈をしてカロリーも糖質も過剰摂取し体重も13kg増えてしまいました。

本当に無事に元気な赤ちゃんが生まれてきてくれて良かったと心から感謝しています。

妊娠糖尿病の食事管理方法は、糖質ダイエットにもなりますし、健康的な身体作りにも繋がっています。

もちろん病気にならないのが一番ですが、これはこれで良い勉強だと考え今後に活かしていければな、と思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジョブママ

30歳外資系ITに勤務するOLです。 共働きの強みを生かして投信積立&個別株へ積極投資中。子育てをしながら経済的自由を手に入れるため、資産運用の実績やマネーリテラシーについての情報を発信しています。

-育児
-

© 2021 ジョブママの子育て投資ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。